ICO情報 BlockLancer(ブロックランサー)

スポンサードリンク

このブログでのICO選考ポイントは以下です。

・実際にプロダクト(商品)が既に存在する。
・大手マスコミが何社か取り上げている。
・技術的に特徴がある。
・有名人、有名パートナー企業がプロジェクトに参画している。

このどれかに当てはまるものを載せました。

もちろん投資は自己責任で!
自分でも詳しく調べましょう。

さて、今回は、 Blocklancer(ブロックランサー) というICOを紹介します。
仕事の発注者と受注者のマッチングサービスICOです。

日本では、ランサーズとかクラウドワークスなどの有名サイトがありますね。

このICOは、ブロックチェーン上で仕事をマッチングさせるプロジェクトです。

このICOが珍しいのは、ICOの段階で既にTradeable Token(取引可能トークン)を発売しているところです。

既に取引所Etherdeltaで、このICOのBlocklancer Token(LNC)が上場していて現在価格は0.0003BTC程度で取引されてます。

ICO購入価格よりは高く取引されてます。
今、購入するだけで利益がでます。
(※今の現在値です今後の価格はどうなるか分かりませんが)

また、サイト上には今後Kucoin、Yobit、cryptopiaに上場を交渉しているとあります。

サイトは日本語も対応してます。

Blocklancer(ブロックランサー) 右上で日本語を選びましょう。


これは説明動画

このプロジェクトはサイトの作りもしっかりしているので、それなりの技術陣がいるように見えます。

多くのICO評価サイトで、のきなみ上位評価。
5段階評価で4.3~5。10段階評価では9以上。
これはかなり高い評価です。

このプロジェクトが面白いのは、仕事の発注者と受注者のマッチングをブロックチェーン上で行って、
発注額の3%を手数料として徴収して、その3%をトークンホルダーに配るところです。

もちろんただで配られるのではなく、トークン配当を受け取りたい人は、
仕事の受発注時の訴訟やクレームの判決(投票)に参加しなければなりません。

その業務に知識があるトークンホルダーが公正な判決を行うと、3%分から配当が配られる仕組みです。

過去の判定の結果で優秀な判定(投票)をした人にはそれだけ有利な配当が配られます。

BLCOKLANCERとは?

Blocklancerは分散型かつ自立的な仕事のマーケットプレイス(DAJ)です。その稼働はイーサリアムのブロックチェーン上で行われています。また、クライアントやプロジェクトを見つけ、効率的かつ公平な仕事の完了を実現する、完全に自律調整を行うプラットフォームです。そして、それは我々開発チームの信念の結晶でもあります。加えて、Blocklancerはフリーランサーとクライアント双方にとってのフリーランス業界の在り方を革新し、全ての利用者が安心して利用のできる信頼度の高いプラットフォームの構築を目指しています。前述の事柄を実現するために、Blocklancerは極めて低い手数料を採用しています。また、非中央集権型の争議裁定システムを導入することで、いかなる争議をも公平に解決し、誰も損をすることのないプラットフォームを目指しています。これにより、最終的にはフリーランス業界における詐欺の横行を撲滅出来ると強く信じています。

上場後トークンを売却して売却益(キャピタルゲイン)を得ても良いですし、
そのままトークンを保持して判決(投票)に参加して配当を得るのも良いと思います。

募集期間は2/28日まで。

現在は、アーリーバードセール期間が終わり、アーリーハムスターセール期間で1ETH=14000LNCです。(あとちょっとで終了)
期間を追うごとに貰えるLNCが減っていきます。

購入方法は簡単。

Blocklancer(ブロックランサー) のサイトに行って以下のボタンを押す。

必要事項を記入。0.01ETHから購入可能です。

※記入するイーサリアムアドレスはMyEtherWalletとかMetaMaskのアドレスを記入して下さい。
取引所のアドレスを記入するとトークンが貰えなくなってしまいます。

評価サイトで上位だったのと、すぐに販売可能トークンということで載せました。

本当にありがとうございました。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック


↓このブログの新刊がAmazonで予約開始になりました!11月16日発売です!

この記事をシェアしよう!